2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.13 (Wed)

鑑定やテイスティングで思うこと

前回の記事で、「全国茶審査技術競技会」について触れました

茶の審査技術を競う大会を見たのは初めてなのでとても刺激を受けましたが、
「鑑定・テイスティング」という点でワインと比較すると少し考えさせられることもありました

こういった「鑑定の技術」・「目利きの力」を測る目的は
本質を見極め、仕上げ、消費者に提供する、
つまり日常業務に活かすことだと思います。

そういう意味では、出題もその力量が素直に測れるものが出題されるべきです

例えば、ソムリエのテイスティングの試験では、品種や産地を問われるものが多いです

それには、だいたい1本3,000円前後のワインで、品種の特長がとりやすいものが出題されると言われています
1本1,000円や1本10,000円など、ばらつきがあると、そもそも比べにくくなりますし、
そもそも品種の個性を素直に表現されているとは言い切れていないように感じます

そして、もし出題したワインが不良であった場合は、
問題を不成立とし、全員に加点されていることが多いようです

8月上旬に八女で行われた、品評会出品茶の下見会では、
まだまだひよっこの私でも、品種の差は一口で分かりました
ハイクラスのお茶ばかりなので、特に素直にお茶の本来の姿が引き出されていたのだとも思いますが。

そういう意味では、素直に・上手く作った場合、
お茶は、もしかしたらワインよりも品種の特長がとりやすく、
コンテストの出題茶として面白くないのかもしれません

でも、それでも出題するお茶の摘期は揃えて、一定の品質のものを出題するべきで
難易度を上げたいなら、少しマニアックな品種や迷いやすい品種を選ぶ方が良いのではないかと思います

摘期を逃して、水色が赤く・苦味の強いサエミドリを、「サエミドリ」と回答させる問題よりも
適正な摘期で、水色が鮮やかな翠で、柔らかなうま味と甘味を感じるサエミドリを「サエミドリ」と回答させる問題の方が
遥かに競技会の目的にかなっているような気がしました

そんなこんなで、鑑定やテイスティングは、問題を出題する側の力量が問われるものでもあるなーと感じた大会でございました
13:56  |  お茶とワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.11 (Mon)

全国茶審査技術競技大会でした

この季節は、全国レベルでのお茶コンテストが目白押しです。

そんな中、9月9日は東京で「全国茶審査技術競技大会」が開催されました。
簡単に言うと「お茶そのもの」ではなく、
人(主にお茶屋さん)の「お茶の鑑定技術や知識」を競うコンクール

ワインで言えば、ソムリエコンクールみたいなもので
品種や産地の鑑定などが出題されます

今回は、「日本茶インストラクター」としてお手伝いさせて頂きました

出場選手の中には、親しいお茶屋さんもいらっしゃるので
スタッフとしてお仕事しつつ、心の中でめちゃめちゃ応援してました

だって、この大会に向けてとてもとても努力されてたのを知っていたから

もちろん、常日頃から上質なお茶を届けるべく努力をされてますが
その成果を十分に発揮すべく味覚・嗅覚を極限まで研ぎ澄まして臨まれています

緊張が伝わってきてドキドキしましたし、私個人としても現場で大変勉強させて頂きました

皆さまありがとうございました。お疲れ様でした。
20170909.jpg
11:17  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.09 (Sat)

第71回全国茶品評会玉露部門で一等一席を頂きました

今年の全国茶品評会 玉露部門において
当園のお茶作り隊長の
久間 正大 (Masahiro Kuma) くんの出品玉露が一等一席を頂きました
玉露で日本一です!

いつもご支援頂いている皆さま
ご指導頂いているご関係者の皆さま
ありがとうございます。心より御礼申し上げます。

We got a first prize of 2017's 71st All Japan Tea Competition with a perfect 200/200 score.
Thank you for every one!

玉露園に転換して3年
今回、このような賞を頂けたのは
久間くんの妥協しない努力とマニアックな研究心と
お茶への遊び心はもちろんですが
沢山の出会いや運に恵まれたからだと思います

でなければ、そもそも玉露づくりを始めなかったと思います

ただこの結果に浮かれることなく、
今まで以上にお茶と真摯に向き合い、
豊かなお茶の時間をご提供して参ります

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます

ありがとうございました
20170424.jpg

16:31  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2017.09.07 (Thu)

ハーブブレンドティーもつくります

昨年より試験的に作って少量だけご紹介していた
ハーブブレンドティー

夏にリリースしたかったのですが、なかなかイメージ通りにならず・・・

やっと良い塩梅になってくれたので
今月20日をめどに紹介できそうです

お問い合わせ頂いた方々へは個別にご連絡を差し上げます

どうぞお楽しみになさっていて下さいませね
20170905.jpg




16:10  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.09.05 (Tue)

テイスティングコメントのあるある

8月に入ってから、ずっと
お茶やワインやコーヒーの鑑定会や試飲会が続いています

ワインやコーヒーは、異業種といえども嗜好品飲料ですので
自己研鑽の為にお勉強させて頂いておりますし
彼らにお茶をテイスティングして頂くことで、
自分のお茶の表現や世界観を広げていきたいという思いもあります

他の方の表現を聞く中で
お茶を表現する言葉として「ブドウ」という言葉や
ワインを表現する言葉として「お茶」「紅茶」「コーヒー」という言葉を
使って表現される方がいらっしゃいます

私のテイスティング法は、最初にワインから入っていて、一種体に染みついているので
飲料を表現する際に、「ブドウ」という言葉は最も思い浮かばないワードの一つです

なぜなら、ブドウから出来ているワインがブドウっぽいのは当たり前で
ワインを表現する際に「美味しいブドウの香りがします」というのは、
笑いを獲りに行っているとしか思えない発言だからです

なので、茶を表現する際に「ブドウ」という言葉を聞くと
なんか「気づかされた」気分になります

ただ、今までワインを表現する際に使っていた「紅茶」「コーヒー」などは
「紅茶」や「コーヒー」を学んでいくうちに、
「紅茶もダージリンとかアッサムとかいろいろあるよね?」とか
「コーヒーも焙煎や産地でいろいろあるよね?」とか
思うようになりました

学んでるんだか、こじらせてるんだか・・・(笑)
20170907.jpg
15:52  |  お茶とワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT