2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.12.19 (Tue)

寒い日にお茶の花を見つけました

めっきり寒くなりましたねー

ちょっと前に可憐なお茶の花を見つけました。

癒されます
20171217.jpg
20:02  |  茶畑便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.09 (Sat)

お米さん ありがとう

玉露にかぎらず、お茶を作る上で
稲藁は欠かせません

幼木を植えた時には、敷藁をして根を定着させたり・・・
玉露は、茶園に被せる簀巻きに使ったり・・・

もっとお米を食べて、飲もうと思います

お米さん、ありがとう
20171209.jpg
13:53  |  茶畑便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.07 (Thu)

茶園の管理について

11月下旬から12月に入る頃まで
玉露園では「摘芯」という作業があります

まだ若い茶の芽を鋏で切り落とし、
春先にお茶全体の芽の揃いをバランス
良くするための支度です

この季節にやるので、結構心が折れそうになります

私の場合は寒すぎる日には5分作業して、30分休憩・・・という
テスト前の学生さんみたいな状態になります

写真は、とある日の玉露園
モクモクと一人摘芯作業を進める久間おじさんを見つけて下さい(笑)

こういう地道な作業がヨカお茶につながります。

因みに、この日も私は暗くなってきて寒くなったので
早々に退散してしまいました・・・
技術だけじゃなく、根性も見習わなくっちゃな

20171207.jpg


13:38  |  茶畑便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.05 (Tue)

茶園の品評会、玉露部門で一等・最優秀賞を頂きました

先日のことになりますが・・・
(丁度、私が東京でお茶を淹れていた頃)

「茶園」の県(福岡県茶園共進会)の品評会があり
玉露部門で久間 正大くんが
一等・最優秀賞(九州農政局長賞)を頂きました

「茶園」の品評会とは、決してイギリス庭園のような
芸術的センスを求められるものではございませんので
悪しからず(笑)

土壌作りにご尽力頂いた皆さま
摘芯など畑仕事をお手伝い頂いた皆さま
日ごろからご支援、ご指導を賜っている
皆さまありがとうございます

来季も、これからも、
よかお茶、喜んで頂けるお茶を
お届け出来るように
お茶と向き合って参ります

身内を褒めて恐縮ですが…
正大くん、一正おっちゃん、流石です!

20171205.jpg
12:40  |  茶畑便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.30 (Thu)

秋の日のきらり

今年の3月に植えた「きらり31」

スクスク育ってます

煎茶にする予定ですが、

八女でも地域によっては、

玉露にする方もいらっしゃるとか・・・

どんな子に育つか楽しみです!
20171130.jpg

23:10  |  茶畑便り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT