FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.11.30 (Fri)

【ほぼつきイチ茶会 碾茶と抹茶とさえみどり】ご参加ありがとうございました

11月最終日は、
外苑前テサラさんでの
「ほぼつきイチ茶会」でした

碾茶と抹茶とさえみどり

と題し、
碾茶2種、抹茶2種、
玉露に煎茶と淹れさせて頂きました

ご参加の皆さま
会場のテサラさん
強力助っ人さん
ありがとうございました

特に濃茶のさえみどりに
お褒めの言葉を頂いたのは
とても嬉しいことでした

会が終わって実感したことは
自分の中で、まだまだ
抹茶や碾茶は手探りだなと

分かったつもりで
クオリティーの善し悪しや
プロフィールは語れても
「うちの子はここが良いんです!」
「こうするとヒカるんです!」
みたいに、このお茶ならではの
個性までは掴めてなかったことに
気づかされました

抹茶のネタでは無いのですが、ずっと前に
「『自分のお茶はこんなお茶』と、作る人が個性を理解しているお茶は美味い」と、言われたことを思い出しました

さて頑張ろう!
23:50  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.11.28 (Wed)

抹茶づくし

お歳暮・新規出店・お茶会・メニュー相談など
現在進行中の案件が複数あると
どこから手をつけて良いのか分からなくなってしまいます

そんなときは、抹茶

「抹茶を点てる」
それだけに集中したためか、
おかげさまで頭がクリアになりました

明後日は、南青山のカフェ Te'sala さんで
抹茶を楽しむ会です

楽しい会になりますように!

20181129.jpg
11:44  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.11.08 (Thu)

11/18は伝統本玉露の摘芯作業体験会を行います

11月18日(日)に伝統本玉露の摘芯作業体験会を行います

私達は本格的な冬を目前に控えた頃、「摘芯」という作業を行います

来年の春「良質な新芽」を得る為のとても重要な作業です

内容としては、お茶の木の脇枝(?)を一本一本、
手作業で剪定していく作業になります

ご興味をお持ちの方はぜひお手伝い下さいませ

詳細は以下になります。

◎時間 10時~15時 ※出入り自由
お昼休憩アリ、疲れたら適宜休憩

◎集合 11月18日(日)10時 
ふるさとわらべ館 駐車場
http://joyo-town.jp/warabe/
※集合後、茶畑に移動します

◎もちもの 
お弁当、水筒
剪定(園芸)用ハサミ・軍手
※ハサミが無い方はご一報下さい

◎服装
山は寒く・茶園に朝露が残っている可能性があります。
暖かく、長靴や水をはじく服装(レインコートの上下など)が安心です。

前述のとおり「良質な茶葉」の為の下準備です。
中学生以下のお子様のご参加はご遠慮下さい。
※見学はもちろん大歓迎です。

ご興味がおありの方は、お気軽にメールもしくはメッセージをお寄せください
八女茶くま園 info(a)kumaen.net
※(a)を@に変えて下さい

20171205.jpg


14:47  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.11.06 (Tue)

11月のほぼつきイチ茶会 碾茶と抹茶とさえみどり は満席になりました

ほぼ毎月、外苑前のティーサロン Te'salaさんで
開催しているほぼつきイチ茶会

11月は 碾茶と抹茶とさえみどり と題し
お抹茶やそれに関連したお茶を中心にご紹介させて頂きます

今回は早々に満席となってしまいました。
ご参加の皆さまに満足して頂けるお茶達を
ご紹介して参りますので、お楽しみに!

20170220.jpg
12:55  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.29 (Mon)

第38回八女茶の会 今年もやります!「闘茶で感じる玉露」 ご参加ありがとうございました

先日、和菓子薫風さん開催した
第38回 八女茶の会 「闘茶で感じる玉露」
無事に終了致しました

ご参加の皆さま、ご関係者の皆さま
ありがとうございました

また、この季節しか味わえない
貴重なお茶菓子の差し入れも
ありがとうございました

本当は5種類の玉露それぞれ
「ベストな淹れ方」は違うと思います。

「比較する」為に、全て同一条件の下で
淹れさせて頂きましたが、
標準的な淹れ方でもどれも美味しく
個性的だったのが印象的でした

自園以外のお茶を淹れる時は
作られた方の意に沿う淹れ方ができているか
やはり緊張致します

また、今回のお茶は全て単体で
一つの茶会の主役になり得るものですので
失礼が無いかどうか・・・
やはり緊張致します

私の拙い淹れ方でも、十分美味しかったのは
やはりお茶の力によるものですね

さて、〆は、北大路魯山人の納豆茶漬け
なかなか美味

これから和菓子薫風さんでの八女茶の会では
「文化×お茶」という切り口でお茶に因んだ
変わり種お茶請けが登場するかも?です

どうぞお楽しみに

20181029.jpg
13:26  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT