FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.03.26 (Thu)

第44回八女茶の会 手つくり紅茶でティーパーティーでした

先日、3月21日(土)は
東京千駄木の和菓子薫風さんで開催している八女茶の会
第44回 「手づくり紅茶でティーパーティー」でした

ご参加いただいた皆さま ありがとうございました

ご参加者皆さんで
ブレンド&仕上げた紅茶も大変美味しく、
とてもありがたく・嬉しいひとときでした
ホント、人柄がでてますね!

また、毎年1回開催されるこの会には
和菓子薫風さん特製の「ティースタンド」が登場
眼福・口福でございました

ありきたりですが、
「笑顔が生まれるって幸せだな」って
思いました

今回も早々に募集を締めきりましたが
次回はもっと沢山の方に気兼ねなく参加して頂ける
世の中になってほしいと切に願います

写真は仕事終わりの一杯です
20200323.jpg
14:06  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.03.14 (Sat)

ほぼつきイチ茶会「こんな時だから 茶をのもう」でした

昨夜は南青阿山の T'esala(テサラ)さんで
ほぼつきイチ茶会 「こんな時だから 茶を飲もう」でした

3月は茶会の開催は予定していなかったのですが
思うところあり、少人数で開催致しました

カメリアシネンシスの茶の葉は、
古くから飲用・食用として私たちの身近にあり
歴史を振り返ると、その文化やベースとなる気候風土とともに
「茶の葉をどうしたらより美味しく摂取できるか」という
人々のあくなき探求(欲求)を垣間見れると私は勝手に思っています

そのベースにあるのはカテキンであったり、カフェインであったり
「ヒトの体にプラス(良い)作用をもたらすこと」が、
あまり認識されないけれど、ゆるぎない価値として存在していると考えられます。

煮だしたり、ミルクを入れたり、梅こぶ入れたり、バター入れたり、粉末にしたり
ある程度容易にその土地土地でアレンジが効くのが広く定着した理由ではなかろうかと思います。

そして、茶のあるところに、集いがあり・語らいがあり、心理的なやすらぎを感じてしまうのが
ヒトならではなのだと感じます。

そんな、人に寄り添ってきた茶を、微力ながらお伝えできれば・・・と思い呈茶致しました

皆さま ありがとうございました

昨日の茶譜とお伝えしたかった気持ちです

◎桃花茶=魔除け・厄除け
◎伝統本玉露=喫茶養生・気付け・心に効く
◎王服茶=薬効・疫病沈静・世の中平和
◎おぼろ紅茶Earl key=語らい・集い・安らぎ
◎おぼろ抹茶=神仏への献茶・自己との対話
◎煎茶(Ver .くま園朝茶)=福が増す・難逃れ・七里戻ってでも飲め!

20200313.jpg
12:09  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.03.02 (Mon)

第四回 一魚一茶(いちぎょいっちゃ)でした

昨日3月1日は
東京・江戸川橋の酢飯屋さんにて
一魚一茶(いちぎょいっちゃ)でした

前回が9月でしたから約半年ぶり

季節も変わったことだしメニューをいつくか変更し臨みました

ひと口で食べてしまうお寿司と
ひと口で飲み終わってしまうお茶

この季節ならではの組み合わせを
お伝えできていればうれしいなぁー と思います

皆さまありがとうございました!

今回残念ながらご参加できなかった皆さん
また次回!

20200302.jpg

11:42  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.02.23 (Sun)

第42回八女茶の会「ほうじ茶づくりをたのしむ」でした

東京千駄木・和菓子薫風さんでの八女茶の会「ほうじ茶づくりをたのしむ」でした

ご参加頂いた皆さまありがとうございました

課題になる茶の葉に対してどういう仕上がりにしたいか
真剣に話し合うお姿がとても眩しかったです

実は個人的に一番緊張したのは
「ほうろくで荒茶に火を入れること」

ほうじ茶ではなく、ほうろくであくまでも「火入れ」をし
煎茶の仕上げ工程・火入れの重要性を感覚としてとらえて頂きたいと思っての試みでした

我ながらうまくいってホッとしました

写真は会終了後の店内風景
見てるだけで幸せです

会場の薫風さんいつもありがとうございます
20200224.jpg
21:28  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.02.07 (Fri)

2/23は<第42回八女茶の会 ほうじ茶づくりをたのしむ>です

東京千駄木の和菓子薫風さんで開催している
八女茶の会のご案内です。

今月、第42回目の八女茶の会は「ほうじ茶」がテーマです。

実はほうじ茶、茶葉さえあれば
ご家庭で簡単に作れるものなのです。

身近なお茶のイメージですが、自分でお茶をほうじてみると、
香りや時間を楽しめる、大変「粋」なお茶だと実感します。

市販のほうじ茶を試飲し、ほうじ加減の違いを確認した後、
二人一組のチームになって実際にいくつかの茶葉を焙じて頂きます。

日常に取り入れやすい、茶の時間を豊かにする体験です。
チーム分けは当日行いますので、おひとり様でも気軽にお申込みください

■日時
2月23日(日)10時~12時

■場所
和菓子薫風 https://www.wagashikunpu.com/
東京都文京区千駄木2-24-5(03-3824-3131)

■内容 
◎ほうじ茶の話
◎ほうじ茶の試飲(予定:碾茶茎・玉露・煎茶 など)
◎ほうじ茶づくり体験(予定:番茶・ほうじ茶・玉露・煎茶・紅茶)

■会費・持ち物
4000円 
筆記用具

■お申込み
◎以下のページよりお願いします
http://kumaen.shop-pro.jp/?pid=147895230
◎もしくは、info@kumaen.net へご連絡下さい

20200207.jpg

12:28  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT