2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.13 (Wed)

鑑定やテイスティングで思うこと

前回の記事で、「全国茶審査技術競技会」について触れました

茶の審査技術を競う大会を見たのは初めてなのでとても刺激を受けましたが、
「鑑定・テイスティング」という点でワインと比較すると少し考えさせられることもありました

こういった「鑑定の技術」・「目利きの力」を測る目的は
本質を見極め、仕上げ、消費者に提供する、
つまり日常業務に活かすことだと思います。

そういう意味では、出題もその力量が素直に測れるものが出題されるべきです

例えば、ソムリエのテイスティングの試験では、品種や産地を問われるものが多いです

それには、だいたい1本3,000円前後のワインで、品種の特長がとりやすいものが出題されると言われています
1本1,000円や1本10,000円など、ばらつきがあると、そもそも比べにくくなりますし、
そもそも品種の個性を素直に表現されているとは言い切れていないように感じます

そして、もし出題したワインが不良であった場合は、
問題を不成立とし、全員に加点されていることが多いようです

8月上旬に八女で行われた、品評会出品茶の下見会では、
まだまだひよっこの私でも、品種の差は一口で分かりました
ハイクラスのお茶ばかりなので、特に素直にお茶の本来の姿が引き出されていたのだとも思いますが。

そういう意味では、素直に・上手く作った場合、
お茶は、もしかしたらワインよりも品種の特長がとりやすく、
コンテストの出題茶として面白くないのかもしれません

でも、それでも出題するお茶の摘期は揃えて、一定の品質のものを出題するべきで
難易度を上げたいなら、少しマニアックな品種や迷いやすい品種を選ぶ方が良いのではないかと思います

摘期を逃して、水色が赤く・苦味の強いサエミドリを、「サエミドリ」と回答させる問題よりも
適正な摘期で、水色が鮮やかな翠で、柔らかなうま味と甘味を感じるサエミドリを「サエミドリ」と回答させる問題の方が
遥かに競技会の目的にかなっているような気がしました

そんなこんなで、鑑定やテイスティングは、問題を出題する側の力量が問われるものでもあるなーと感じた大会でございました
13:56  |  お茶とワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |