FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.29 (Fri)

おぼろ紅茶 Earl Key(アールケイ) は明日10時より発売開始です

大変お待たせいたしました

日本茶アワード2019 の
ナチュラルフレーバー茶部門で最高位を受賞した

おぼろ紅茶 Earl Key(アールケイ)  は

明日午前10時より発売開始致します

当園は生産農家でもあるので「良質な茶葉を育てる」ということを
第一に考えております。それは今でも変わりません。

実は今まで、「せっかく茶本来の良い味があるのに・・・」と、
「茶葉に何かを混ぜる」ということに少なからず抵抗がありました。

この「おぼろ紅茶 Earl Key(アールケイ) 」は、
同時発売の「おぼろ紅茶 Earl Cey(アールシイ) 」と同じく
お世話になっているレストランさんから分けていただいた
喜界島産の柑橘を使って5・6年ほど前から趣味のように細々と作っていたものです

今回、きっちりと商品化しようと思ったきっかけは1本の電話です

3年ほど前に
「あなたが作ったシークーの紅茶がおいしかったの。商品化したら教えてください」という電話を見ず知らずの方から頂きました。

シークーというのは、花良治みかんと同じく喜界島特産の柑橘で、
明日同時発売する「おぼろ紅茶 Earl Cey(アールシイ) 」のブレンド素材です。

最初は不審に思いましたが、よくお話を伺うと実はお電話をくださったのは喜界島のシークーの生産農家の方でした。

「あなたが作った紅茶は、ウチのシークーの味がきれいに出ているの」とまで仰って下さり、とてもうれしかったのを覚えています

嬉しかった理由は、もちろん「喜んでもらえたから」です。

ただ、喜んでいただけた理由が、今までとは違い「素材を活かして仕上げたこと」によるものなのは、生まれて初めてでした。

生産農家として、自分たちの摘んだ茶葉を丁寧に仕上げて下さるのを見て、茶工場の皆さんや、茶匠の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいになることがあります。

この電話は、「当園もだれかの素材を活かして喜ばれる仕事ができる」ことができると教えて頂いた出来事でした。

あれから約3年、試行錯誤を重ね、喜界島のみかん生産者の皆さんに少しでもお礼の気持ちをお返しできれば・・・と思い、大きく商品化にたどり来ました。

宜しければ、せひお試しください

◎おぼろ紅茶 Earl Key(アールケイ)20g
http://kumaen.shop-pro.jp/?pid=146760754

◎おぼろ紅茶 Earl Cey(アールシイ)20g
http://kumaen.shop-pro.jp/?pid=146833296
20191129.jpg



15:02  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT