2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.05 (Sat)

全国品評会の下見会 つづき

先日参加した八女での全国品評会の生産者向け下見会の続きです

今回下見をさせて頂いたのは、機械摘み煎茶(10kg)・手摘み煎茶(4kg)・かぶせ茶・玉露の4部門
玉露の点数が圧倒的に多いのが八女ならではです

お茶の葉そのものの良さを損なわないように・傷つけないように
浅蒸しで美しく仕上げられるコンテスト用のお茶

こうやって作られたお茶は、地域ごとの特色と品種の違いが
はっきり出るのが面白かったです。

例えば、当園のある「上陽町」は品評会で上位入賞しやすい品種を
「みる芽(若い芽)」で摘んで見た目も味も可憐に仕上げる傾向にあるのに対して
昔ながらの品種の使用率が高い地区や
少し伸ばした新芽を使い、見た目力強く・味たおやかに仕上げる地区もあったりしました。
比べるとよう分かります。

その地域に育ったお茶の葉の良さを最大限に活かす作り方を
地域ごとに生産者が採用しているからですかね。

個人的には、キリッと苦味を感じる煎茶や花の香りのする玉露なんかは
「個性があって面白いなー」・「心に残るなー」と思ったのですが
品評会においては、そういった要素は全く評価されず、
どちらかというと減点対象・・・(^^;

皆さんが「良い」と思う鑑定碗のお茶の減りが早く
思わずワインの試飲会で、さっさとボトルが空いてしまう風景を思い出してしまいました。
09:43  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamechakumaen.blog3.fc2.com/tb.php/1097-cd15c4f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |