FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.08.31 (Wed)

お茶とワインの共通点 その1

こんにちは

私が「お茶ってすごい産物だなー」「おじいちゃん、いい仕事してたんだなー」と
お茶を見直すきっかけをくれたものが実はワインです

今日から、「似てるなー」と思ったポイントを少しずつ書いていこうと思います。

第一回目は「液体の色」

お茶もワインも、鑑賞・品評する際に必ず液体の色を見ます

お茶の色のことは、「水色」と書き「すいしょく」と言います。

最近「お茶の色=濃いー深緑」のイメージがありますが、
必ずしも深緑色の水色が良いお茶の色ではなく、
丁寧にもまれたお茶は無色に近い、黄色がかったものになったりもしますし
品種によっても色味が違ってきます

下の写真は、白ワイン。色合いの差が、品種を見分けるポイントになります。
白ワイン

下の写真はお茶。同じお茶でも淹れ方や品種で色合いが変わってきます。
二煎目と三煎目

08:00  |  お茶とワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

なるほどです!

お茶とワインの共通点はたくさんありそうですね♪
ワインは出来上がりが生産者にゆだねられるけど、
お茶は消費するとき=淹れるときでかなり色や風味が変わってくるんですね。そういう意味で、お茶はワインより実はもっと奥深いかも!そのあたりのアハ体験、してみたいです^^体験型イベントがあれば是非教えてくださいね♪
まり@テンシン |  2011.08.31(水) 17:08 | URL |  【編集】

>まり@テンシン さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですね。ワインもお茶も共通点は多いと思っています。

確かに、お茶は淹れ方による味わいの違いが大きいのですが、実はワインも飲用温度やグラスの選び方など、嗜み方の作法によって味わいが変わってくるのも事実です(お茶ほどでは無いのですけど・・・)。
その為に、ワインはソムリエさんがいるのですが・・・この辺りのお話もおいおいご紹介できたらなーと思っています。

そして!おっしゃるとおり、お茶の淹れ方や茶器の違いでの味わいの変化を「アハ!」実感して頂けると、お茶の世界も広がりそうですね!企画してみますね。

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。

yamechakumaen |  2011.09.08(木) 08:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamechakumaen.blog3.fc2.com/tb.php/239-279a8c15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |