FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.12.28 (Wed)

「お茶もワインのように楽しめるようにしたい」について思うこと その2

前回は、
「お茶もワインのように楽しめるようにしたい」と思うのであれば
ワインがどのようにして今の地位を築いたか、
特に、行政や流通、マーケティング関係で携わる人にとって
歴史や制度からアプローチすると面白いと思います
というようなことを書きました。

今回は余談・・・というか自分が目指したいものについて書きます

ワインでもフランス・ブルゴーニュ地方は
単一農家(一族経営)で単一品種が主流です。
その為、その年のブドウの出来次第で味がガラリと変わることもあり、
それがヴィンテージの違いとして楽しまれていることも多いです。

単一農家(一族経営)で品種ごとのお茶を作ると言う形態は
当園のような、自園・自製・自販のお茶農家に似ていると思います。
しかし「生産年による味の差」を「楽しみ」として捉えられることは、
お茶の世界にはあまりないように思います。

しかし、ワイン業界で「ヴィンテージの違いを楽しむ」風潮が出来始めたのも、
実は1970年代以降とのことのようで、実は歴史が思ったよりも浅いと思いました。

それまでの(今でも?)主流はボルドーワインにみられように
ブレンドされた「一定の品質のワイン」が「シャトーマルゴー1982年」というように
「会社名(ブランド名)+ヴィンテージ」と言う名前で一定のまとまった量が流通することが多いです。

シャンパーニュやシェリーは異なるヴィンテージをブレンドすることが多いのですが
考え方の根底にあるのはボルドーワインと同じく
「一定の品質」を「大量に」変わることなく、消費国であるイギリスへ流通させることで
信頼を築き、ブランドとしての価値を高めて行った経緯があります。

「安定感」がブランド作りの根底にあるワインが多い中
「ヴィンテージ」「畑」など細分化し不安定な要素が「価値」になる
ブルゴーニュワインは結構珍しい成功例だと、個人的には思います。

因みに、ブルゴーニュの単一農園が作るものは
「◎◎さんのブルゴーニュ△△村の1982年」というように
個人名(もしくは苗字)と畑の場所をラベルに書いて出荷することが多いので
「職人感」が増しているように思います。
また、「畑の場所」を表記することに「意味がある」くらい、地質によって味わいが異なります。

「会社・組織」が作るものであれば、品質が一定のものを求めてしまうけど
「職人」が作るものではれば、一点ものなので味に違いがでてくるのも仕方ない(むしろそれが楽しい)
というような捉え方で迎えられているように感じます。

当園は、市場でお茶を仕入れて・仕上げるような、決して大きなお茶屋さんではありません。
どちらかというと、市場にお茶を卸しつつ、自分達でも直販するという自園・自製・自販の茶園です。

だからこそ、自分達でご紹介するお茶は、ある一定の品質に保つのはもちろん
大量ではないけれど、ちょっとした「品種」「年」の違いを楽しんで頂けるような、
そんなお茶の魅力的なお茶にしたいと思っております。

ワインは約40年かかって、ヴィンテージの違いを楽しむ文化が日本にも定着しました。
さて、お茶は何年かかるかしら(笑)
10:55  |  お茶とワイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamechakumaen.blog3.fc2.com/tb.php/990-26ae2264

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |