2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.31 (Tue)

チョコと玉露とハロウィーン

巷はハロウィーンですね

今年は仮装した若者よりも
仮装した海外のファミリーを見かけました

スーパーマンのカップルやキティ、
イタリア人が扮するルイージ・・・

可愛らしかったです

我が家は、チョコでちょこっとハロウィーン気分だけ味わいました

教科書どおりではありませんし、
こんなこと書くと怒られるかもしれませんが
玉露を高温浸出させると、チョコの甘味がふわーっと感じるので
ぜひお試し頂きたいところです
20171031.jpg
20:04  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.29 (Sun)

ぶらりお茶

ここのところ、毎週末雨ですね・・・

雨の中渋谷に出かけた帰りに、
お世話になっている方にお薦め頂いた
渋谷・西武百貨店の8回 画廊にて開催されている
現代茶ノ湯スタイル展 縁 -enishi 2017 へ ぶらり

私も何度か頂いたことがある、wagashiasobi さんの
ドライフルーツの羊羹の食べ比べをしつつお茶をたっぷりと頂きました

うつわもとても美しく、
お茶菓子もお茶も大変おいしゅうございました

亭主の方にうっとりしてしまって話しかけられなかったけど、
次に開催されるなら、美味しく美しいお抹茶の点て方を
ぜひ伺いたいものだと思いました

20171029.jpg

20171027.jpg




23:44  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.25 (Wed)

最近流行り?の「ティーペアリング」について考える

お茶関係の言葉で、最近耳にするものの一つが
「ティーペアリング」

つまり、お茶と相性の良い食材を一緒に頂くこと。

今月に入り、
チーズとのお茶会を開催したり
フレンチとお茶のコースを味わったり・・・と
ティーペアリング強化月間。

いろいろな「ティーペアリング」企画が乱立している中
気づいたことや・考えた事をメモしてみました。

ティーペアリングが求められている理由や利点としては、
A.お酒が飲めない方に対しての楽しみ方提案となる
B.お茶は浸出温度や提供温度で味が変わるので楽しみ方が広がる
C.お茶はカクテル感覚でアレンジ可能なものもあるので味わいの幅を持たせやすい


ただ、内容によっては「わざわざお茶にしなくても良くない?」と思えることもあります。

例えば、食材をお茶にあわせて加工し、お茶も食材に合わせて加工する。
どちらも歩み寄っているように見えますが・・・

これを上手く成立させるには、ものすごく努力と技が必要だと思います。
下手をすれば、どっちも無理してしまって、お互いの良さを見失ってしまいます。
素晴らしいマリアージュに出会ってみたいものだと思いました。

また、よく見受けられがちな例ではあるのですが・・・

提案したペアリング自体の、食材とお茶との相性は良い。
だけど、この食材だったら、別の飲み物が飲みたいと思ってしまう。

例えば、呑兵衛の私にとっては、
赤身のお肉だったら、お茶も良いけど赤ワインがいいかなー。と思ってしまいます。

この上を行く提案ができれば、ティーペアリングは定着するのではないかなーと思います。


それらのヒントとしては、
今までの生活でも決してオシャレではないかもしれませんが
何となくティーペアリングをしている組み合わせを実践していることは多く
焼き肉屋では、食中に烏龍茶を飲み、〆に温かいコーン茶やほうじ茶を頂くことや、
アフタヌーンティーではスコーンには紅茶を、
コーヒーにはコーヒーを・・・というところ、
私はキリっとした煎茶を合わせることもあります。

そんな自然な感覚の延長で、
お茶も食材も取り入れやすく、素直に「美味しい」と思えるようになると
「ティーペアリング」は流行りではなく、定着する概念になるのでは・・・と思いました。

兎にも角にも、いろんな業界からのお茶への熱い視線が顕在化してきています。
まだまだこれから・・・ということも多いですが、いろんな方と手を携えて業界全体を
活性化させていければ嬉しいです。

と、最近流行りの「ティーペアリング」についての雑感メモです。

20171022c.jpg
16:00  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.21 (Sat)

朝9時のおやつ

午前9時のおやつ

バターたっぷりショートブレッドと
キレッキレの薫り高い紅茶は無限ループです

食べ物と飲み物の相性が良いと、どちらも進みますね。

以前までは、自分の中に
「お茶単体で完成するお茶」のみが最高のお茶
という考えが強くあったように感じます。

今は「食べ物を活かす」という点で
お茶の懐の広さ・良さを実感する機会も増えました。

考え方が円くなったと思います。
20171021.jpg
16:13  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.19 (Thu)

伝統本玉露、袋詰め中です

日本一の玉露、袋詰め中です

全国茶品評会で落札されたお茶屋さんから購入致しました。

当園で販売できるほどの量はございません。

古くから応援して下さっている方や
摘み手のお姉さま方(もちろん自分達も)に
お礼とご報告も兼ねて
口にして頂ければ嬉しいな・・・と思っております

近々、そんな場を作りたいと思っています

20171019.jpg
16:09  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT