FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2019.03.01 (Fri)

お茶を使った帯留を作って頂きました

マロニエゲート銀座の
クリエーターズマーケットで
ご一緒していたアクセサリー作家のkayo.さんに
当園のお茶を使った帯留を作って頂きました

生葉、煎茶、抹茶、てん茶、ほうじ茶

それぞれに違う美しさがあり
涙が出るほど嬉しかったです

帯留にするには扱いにくい素材も沢山あったかと思います
こうやって一つ一つ丁寧に仕上げて下さって
お茶たちもとても喜んでいるみたい

普通なら、口にした時点でお茶は記憶に残るのみになってしまうけど
こうやって形状そのままに身近にとどめておくことができるのも
アクセサリーならではですね

ありがとうございました

20190301.jpg


18:15  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.02.27 (Wed)

御礼:マロニエクリエーターズマーケット終了!

昨年の12月から出店していた
マロニエゲート銀座2
クリエーターズマーケットでの出店最終日です

長いようであっという間だった3か月でした

足をお運び下さった皆さま
ご一緒したクリエーターの皆さま
ご関係の皆さま
誠にありがとうございました

普段から応援して下さっている皆さま
久しぶりにお目にかかる方
初めてお目にかかる方

銀座というのは面白い街で
沢山の出会いや再会がありました

また、普段の茶業では関わることが少なかった
さまざまなクリエーターさん達と交流でき
さまざまな作品と出会えたこともとても大きな収穫でした

ここでのご縁を次につなげていきたいな・・・
と勝手に思っております

写真は、ご一緒したアクセサリー作家さんが作って下さった
当園のお茶を使った帯留
こんなコラボができたのもとても嬉しいです

ありがとうございました
20190227.jpg
18:02  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.02.25 (Mon)

岩石を探りたいと思います

先日、はやぶさ2がリュウグウに着陸しましたね

宇宙関連の職業を目指していた私としては
とても心がアツくなる出来事でした

「惑星の起源だけでなく地球の海の水の起源や生命の原材料をも探求する」
というミッションに好奇心がウズウズします

一方で、
「宇宙に目を向けたいんだけど、そもそも地球のことも良く知らないな」とも思いましたし、
近年自分の中で育っているムクムクとした「問題意識」を追及したいととも思いましたので
地球の「岩石」や「地理学的起源」を探ってみたいと思います

話のタネしかならないかもしれませんが
話のネタになりましたらボチボチ語るかもしれません

お楽しみに!
20190225.jpg
17:26  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.02.23 (Sat)

2/22のほぼつきイチ茶会 ご参加ありがとうございました

2/22に開催した 
南青山のティーサロン te'salaさんでのほぼつきイチ茶会は
お陰さまで増席・満席でした

笑いに包まれた中私も含めた皆さんの知見が深まる会となりました
ご参加下さった皆さまやご関係のみなさまありがとうございました

ほうじ茶テーマといいながら、
焙烙以外に、煮出す、焼く、火入れ違いの玉露を味わうという
相変わらずやりたい放題です(笑)

お茶仲間がSNSで述べていたのですが
お茶は知れば知るほど
自分が知らないことに 
気づかされます

「正しい」が無いというか
「自由」というか
「懐が深い」というか

ですので、当園のお茶会は
「正しい知識を身につける」や「お茶の情報を広く集める」とは
ちょっと立ち位置が違うと思います

偏りがあるかもしれませんが、
土や茶畑からお茶を淹れることまで
一環して携わっているからこそ表現できるものを
感じていただければと思います

写真は、茶会でご紹介した桃花茶
季節の生花を口にできることは
この上なく贅沢な楽しみ方だと思うのです
20192223.jpg
13:17  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.02.21 (Thu)

いろいろ仕込み中デス

今日はこもりっきりで、

とある素材の仕込みや

ブレンドなどに集中しています


いつもならこの季節に限定でご紹介しているのですが

今年はもう少し品質を安定させた状態で

ご紹介したいと・・・


来月からは畑がボチボチ忙しくなりますので

今のうちに仕込み終わりたい!
13:13  |  お店だより  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT